二回目でも住宅ローン減税は可能?

マイホームをローンを組んで購入し、住宅ローン減税によって所得税の控除を受けているという方もたくさんいらっしゃるかと思います。
住宅ローン減税は10年間に渡って受けることができる制度であり、数百万円の控除になるという非常に大きなものですよね。
中には二回目のローンを組んでまた新たに住宅を購入するという方もいらっしゃるかもしれませんね。
そういった場合、すでにもう住宅ローン減税の適用を受けたことがある方が二回目でも適用を受けることができるのでしょうか?
答えは「二回目でも可能」です。
一度住宅ローン減税の適用を受けていても再度また同じように控除を受けることが可能となっています。
中には急な転勤などで今の住宅を手放し買い替えを考えているという方もいるでしょう。
そういった方ももちろん適用を受けて控除を受けることができるというわけですね。
また、これは一回目の住宅ローンが完済していなくても可能となっていますので、買い替えの時に前のローンが残っているというケースでも心配ありません。
ただ注意したいのは適用されるのはあくまでも主に居住する住居だけという条件がありますから、
別荘や賃貸用などのように、自分が住まない住宅を取得する場合は一度目でも二度目でもどちらも適用されません。

生命保険に在籍確認はあるの?

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , , | コメントする

住宅ローン減税と生命保険料控除の関係について

マイホームをローンを借り入れて購入したので住宅ローン減税を受けようという方も多いかと思いますが、
住宅ローン減税は所得税からの控除という制度ですよね。
しかし他にも所得税からの控除になるものというのはいろいろとあるかと思います。
例えば生命保険を契約している方の場合の生命保険料控除というのがあります。
こちらも所得税に関わる控除の制度ということで、住宅ローン減税と同時に受けることはできるのだろうか?と心配している方も多いのではないでしょうか。
住宅ローン減税は借り入れの額や所得によっては全額控除になることもありますから、そうなると生命保険料控除が無駄になってしまうのでは?と考えてしまうところです。
しかし、生命保険料控除というのは所得控除ですから所得の金額から差し引くということになります。
所得が差し引かれてそこに税率をかけて所得税が決定し、そこから住宅ローン減税による税額控除が行われるという順序になるわけですね。
ですから、生命保険料控除が無駄になるというようなことはありません。
しかしそれだとやはり所得税だけでは控除しきれないのは変わらない、と思いますよね。
その通りなのですが、住宅ローン減税は所得税だけで控除しきれない場合住民税からも控除が可能です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , , | 住宅ローン減税と生命保険料控除の関係について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税と源泉徴収票について

マイホームを購入する際に住宅ローンを組んでいるという方は多いかと思います。
住宅ローンを組んでマイホームの購入をした場合、住宅ローン減税という制度を利用することができます。
住宅ローン減税の適用を受けることができれば住宅ローンの残高の1%を10年間所得税から控除することが可能となります。
しかし住宅ローン減税の適用を受けるためには確定申告で申請をしなければいけません。
所得税からの控除ということになりますので、所得税の計算をするわけですが、その際に源泉徴収票をもとにして計算を行います。
源泉徴収票に記載された数字から所得税を計算する方法ですが、
まず給与所得控除後の金額という項目から所得控除の額の合計額という数字を控除します。
これは基礎控除などの合計金額になるのですが、確定申告の際にはさらに医療費控除なども控除することになります。
そうして出てきた金額に所得税の税率をかけることで控除額がわかります。
源泉徴収票を見てもどこの数字をどうしていいのかわからないという方も多いかと思いますが、
このようにして計算すれば所得税と控除の金額がわかります。
なんにしても確定申告は必要なので、わからなければ税務署で聞くのが確実ですね。

口コミで話題の消費者金融、スペース?429 views

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , , | 住宅ローン減税と源泉徴収票について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税のやり方について

2014年になると消費税が増税されるということで大きな話題になっていますが、その一方で住宅を購入する人の税の負担を軽減するために住宅ローン減税の拡充というのも決定しています。
これまでよりも住宅ローン減税の控除限度額が大幅に引き上げられたということで、
消費税増税前よりも負担が少なくなるケースも多いようですね。
この住宅ローン減税の拡充に併せて住宅の購入を考えているという方も多いかもしれませんが、この控除を適用するならやり方もきちんと知って置く必要があります。
住宅ローン減税というのは住宅ローンを利用すれば勝手に適用されるものではないので、自分でやり方を把握しておく必要があります。
ではそのやり方はどうなのかということですが、これは居住を始めた翌年に確定申告で申請することになります。
住宅ローン減税は年末時点でのローン残高の1%を控除する制度ですので年末時点でのローン残高が重要です。
居住を始めた翌年の1?2月に確定申告をすることで数週間後に還付されるということになります。
サラリーマンの方であれば初年度だけ確定申告をして後は金融機関等から受け取る書類を会社に提出すれば翌年以降は年末調整でやってくれるので安心です。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , , | 住宅ローン減税のやり方について はコメントを受け付けていません。

住宅ローン減税の12月入居について

住宅ローンを利用しての住宅購入の際には住宅ローン減税という減税制度を適用して所得税の控除を受けることができます。
住宅ローンでの住宅購入は金利負担などもあるのでその負担軽減のための制度ということですね。
この住宅ローン減税というのは入居を開始した年から10年間に渡ってローン残高の1%を所得税から控除することができるというものなのですが、
これから入居をしようと考えている方にとって気になるのは12月入居の方が良いのか年明けでも良いのか、ということですね。
住宅ローン減税は入居した年の翌年の確定申告で申請することができるため、12月入居であってもその年の一年分の控除を受けることが可能となります。
ですから12月入居か1月入居かで迷っているのであれば年内に入居してしまった方が早く控除を受けることが可能になるということです。
また住宅ローン減税の控除額というのは年末時点でのローン残高の1%になるためローン残高が減るとそれだけ控除額も減ってしまいます。
1月入居だとその年に返済する分残高も減って控除額も減るわけですから、
ローン残高が減る前の12月に入居して控除を受けてしまった方がお得になるということになりますね。

カテゴリー: 住宅ローン減税 | タグ: , , , , , | 住宅ローン減税の12月入居について はコメントを受け付けていません。

つなぎ融資の抵当権設定について

住宅ローンを借り入れする際には
つなぎ融資も併せて利用することになるかと思います。

住宅ローンというのは多額の融資を受けるために
担保を設定する必要があります。

この場合の担保というのは
これから購入する住宅ということになります。

しかし、まだ購入はしていないわけですから
抵当権設定をすることはできず担保にはできません。

そうなると融資が実行されないわけですから資金もない
そういうわけでつなぎ融資を利用することになるのです。

つなぎ融資では短期間であることやすでに住宅ローンの契約ができている
ということもあって担保なしでも融資をしてくれます。

そうしてつなぎ融資で借り入れした資金で土地や建築費を支払うことで
住宅ローンの融資を受けることができるようになります。

住宅ローンの融資が実行されれば
つなぎ融資で借り入れた資金を返済するわけです。

しかし住宅ローンの融資が実行されるためには
住宅ローンの方で抵当権設定ができる状態でなければいけません。

場合によってはつなぎ融資で購入する物件に
抵当権設定が行われる場合があるようです。

ハウスメーカーでつなぎ融資を利用したりするとあるようですね。
そういう場合は先に抵当権設定を解除しなければいけません。

カテゴリー: つなぎ融資, つなぎ融資とは | タグ: , , , , | つなぎ融資の抵当権設定について はコメントを受け付けていません。

みずほ銀行住宅ローンの連帯保証人について

これからみずほ銀行の住宅ローンを利用したい
とお考えの方はたくさんいらっしゃるかと思います。

住宅ローンというのは
人生でそう何度も利用する機会というのはないと思いますので、
多くの方は初めての利用ということになるかと思います。

中には連帯保証人が必要になるのでは
と考えている方もいるかもしれませんね。

みずほ銀行の住宅ローンでは基本的に連帯保証人は必要ありません。
みずほ銀行に限ったことではありませんが、
住宅ローンで連帯保証人が必要となることはあまりないでしょう。

利用する金融機関によっては団体信用生命保険に加入することが必須であり、
健康上の理由などでその保険加入ができなかった場合には
連帯保証人が必要となる場合というのはありますね。

また、みずほ銀行の住宅ローンでも、
この団体信用生命保険に加入できないという方の場合や、
連帯債務で利用するという場合には連帯保証人が必要となります。

連帯債務というのは親子や夫婦などでローンを借り入れするというもので、
その二人の収入を合算して申し込みをすることができるというものです。
ただし、金融機関側は
そのどちらの人にも請求ができるなどといった厳しい面もあります。

基本的には団信に加入ができるのであれば
連帯保証人は必要ないということですね。

カテゴリー: みずほ銀行 | タグ: , , , , , , | みずほ銀行住宅ローンの連帯保証人について はコメントを受け付けていません。

労金住宅ローンの本審査について

住宅ローンを利用するためには
金融機関を選ぶ必要があるわですが、
会社などにお勤めの方であれば労金を利用したい
という方も多いのではないでしょうか。

労働組合に加入していれば条件的に有利になる
こともあるので人気の高い金融機関だと言えるかと思います。

ただし、当然希望すれば
だれでも労金の住宅ローンを利用できる
というわけではなく、
審査に受からなければ借り入れをすることはできませんよね。

労金の場合はまず仮審査をして、
それに通ったら本審査を受けることになります。

労金の審査については意外と厳しいようで、
仮審査ですら通らないという方もたくさんいらっしゃるようです。

もちろん仮審査に通ったからといって
本審査で通るとは限りません。
当然ですが仮審査よりも本審査の方が細かいチェックが入り、
厳しい審査になるわけですから、
仮審査では調べられなかったマイナスポイントがあって本審査では落とされる
ということも十分あり得ます。

住宅ローンの審査の基準やなぜ落ちたかなど
については知らされることはありませんから、
どのくらいの収入や勤続年数などの条件なら通るかどうか
というのはわかりません。

しかし、仮審査は通ったのにその後転職をしたであるとか
そういったことであれば通る可能性は低くなるでしょうね。

カテゴリー: 労働金庫 | タグ: , , , , , , | 労金住宅ローンの本審査について はコメントを受け付けていません。

東京スター銀行住宅ローンの審査について

マイホームの購入資金として東京スター銀行の住宅ローンを利用したい
とお考えの方もいるかと思います。

東京スター銀行は預金連動型の住宅ローン
という点が人気となっており、
特に預金として十分な資金がある方であれば、
金利をゼロにして借り入れをすることもできる
という点が大きな魅力です。

東京スター銀行の住宅ローンを利用する際には
他の金融機関と同様に審査が必要となりますが、

預金残高がローン残高を上回るようにできる
という様な方であれば、
収入などの点ではほとんど問題なく
審査に通ることができるのではないでしょうか。

むしろ重要となってくるのは
メンテナンスパックに関する審査ですね。

メンテナンスパックというのは
要は団体信用生命保険が付けられるのかどうか
ということになります。

メンテナンスパックは3種類あり、
一つは団体信用生命保険や入院保険は全くつかないもので、
後の2つは入院保険と団体信用生命保険がつくもの、
そしてそこにガンと診断された場合の保障がつくものとなっています。

団体信用生命保険がついたメンテナンスパックを利用するためには
健康面での審査が必要となり、
健康上の問題がある方の場合では利用できません。

金利面が良くても団信がなければ加入をやめる
という方も中にはいるかもしれませんね。

カテゴリー: 東京スター銀行 | タグ: , , , , , , | 東京スター銀行住宅ローンの審査について はコメントを受け付けていません。

ろうきん住宅ローンの審査基準

住宅の購入のために住宅ローンを利用する方は多いかと思いますが、
例えばろうきんの住宅ローンというのもなかなか人気が高いですよね。

組合員であれば他の金融機関と比べても金利が低かったり
あるいは繰り上げ返済手数料が無料だったり
といった点で人気になっていますが、
しかしろうきんの住宅ローン申し込めば誰でも利用できるとは限りません。

利用のためには審査に通らなければいけないわけで、
しかもろうきんの審査基準は比較的厳しいとも言われています。

多くの方が利用を希望するも、事前審査ですら落とされる方も多い
というくらい審査基準が厳しいようです。

もちろんこういったローンの審査基準というのは
公表されないため誰にもわかりませんし、
もし審査で落ちたという場合でも
その理由というのは教えてはもらえません。

ですので、
過去に審査に通った方、落ちた方の話から推測するしかないわけです。
中には公務員の方でも審査に落ちたという方もいるくらいですから、
相当厳しいでしょうね。

やはり人気がある金融機関というのは
多少審査基準を厳しくしても借りたい人がたくさんいるわけで、
それだけ審査基準も強気に厳しくなっているのだと言えるでしょう。

それなりの勤続年数や年収が必要でしょうね。

カテゴリー: 労働金庫 | タグ: , , , , , , | ろうきん住宅ローンの審査基準 はコメントを受け付けていません。